長野県有機農業研究会の公式ブログです。現在引っ越し作業中です。
旧公式ブログはこちらhttp://yuukinouken.naganoblog.jp/

2016年8月16日火曜日

【報告!】 南信第一回学習会 信大院生大澤崇季さん、田んぼの生き物を語る

去る3月12日(土曜日)に「お花見をしないお花見会」のゲストに信大院生の大澤崇季さんを迎え、南信第一回学習会を行いました。
 講師  信大農学研究科森林科学専攻 修士2年大澤崇季さん
 テーマ 田んぼの生き物、とくにゲンゴロウの生態と保全を考える。
 場所  高遠青少年の家 ログハウス宿泊棟
 参加者 26名
 
 大澤さんは昨年末発行の会報「No.91 2015年冬号」で「水田に生息する水生昆虫群集の現状と価値について」と題して佐久市でのフィールド調査の成果を発表。記憶にある方も多いのではと思います。

 今回の学習会はその大澤さん本人をゲストに迎え、スライドを見ながら田んぼの生き物について学ぼうという主旨で企画しました。
 「この春大学院を卒業して某農薬メーカーに就職が決まりました。ベテランの研究者ではないので、皆さん、僕のことは大澤くんと呼んで下さい!」
 というあいさつから入ったスライドショーでしたが、里山が好き、田んぼが好き、なかでもゲンゴロウが大好きという大澤さんの熱気が伝わる発表でした(内容は会報のレポートと重なるので割愛。慣行田と有機田の生き物調査の比較、ゲンゴロウの生態など)。
 そのあとの交流会でお酒を飲みながら僕、ハマダが大澤さんに質問してみました。
 「長野県ってタガメが絶滅してるよね。なんとか復活できないかな」
 すると大澤さんいわく
 「うーん、どうですかねえ。全国的にみるとタガメがフツーにいるところもあるんです。長野はそもそも生息個体が多かったわけではないので、僕個人としては復活させる意義をあまり感じないのですが…」
 うむむ、冷静です。ま、それにしても水面下の生き物をじっくり観察する時間をなかなか持てない僕なので「生き物って楽しいですよ、みなさんゲンゴロウにもっと愛を!」と語りかける大澤さんの発表はとても刺激的でした。


写真


①稲刈り後に雨がふって田んぼにたまった水にトンボが産卵するのが見れた。


②大澤さんのレポートによると、機械除草で貝類が減少することもあるらしい。有機農法も様々で、一概に生物の多様性にプラスとは限らない。


③最近の赤トンボの減少は苗箱の農薬(殺虫剤など)が大きな原因だと言われている。数年前に僕がとなりの慣行田とヤゴ発生の比較調査をしたときも、極端な結果の差(慣行田でのヤゴの発生ゼロ)に驚いた。

2016年8月8日月曜日

【8/31開催】 遺伝子組み換え作物の問題についての学習会を開催します

中信発 

2016年8月31日(水) 学習会のお誘いです


日時 831日  pm13:30~(開場 13:00~) 16:00終了予定
場所 安曇野市三郷農村環境改善センター2F会議室
内容 DVD「遺伝子組み換えルーレット」の上映と
トーク「日本の遺伝子組み換えの表示はどうなっているの?」
参加費 300
申し込み不要ですが 何かあれば08010503131 津村まで


会員の知人の松野さんが、この問題に関心を持ち、独自に収集してきた情報を、より多くの方々と共有し、共に考えていきたいという熱い想いからスタートした企画です。
一般の会社員や主婦層にはちょっと重い内容かなーと言っておられましたが、私(津村)、先日見ました。
分かりやすい内容で、とても良い内容だと思いました。

有機農研の歴史の中でも、この問題は大きく取り上げられてきていますから、様々な形で知っておられる方も多いかと思いますが、改めて、何が問題なのかを整理する良い機会ではないかと思います。

2016年8月4日木曜日

【報告】 南信 春の稲作学習会@自然農法センター

去る3月7日(月)に松本市波田の自然農法センターで行った南信発「春の稲作学習会」の報告です(南信 浜田淳)
 
 日時   3月7日(月)  10時~14時近く
 講師   自然農法センター稲作担当 三木孝昭さん
 テーマ  田植えの前に育苗を中心に稲作の要点を学ぶ
 参加者  26名

 当日は南信のみならず全県から26名が参加、稲の育苗を中心
に学びました。お昼はお弁当を食べながら講師と意見交換。ところが講師の三木さんが質問攻めにあって弁当を食べる暇がなく、お箸はテーブルに置かれたままに…。参加者からは「先生が稲の話をしているのに目の前のお米が食べられない、気の毒じゃあないか!」との声も上がりました。反省です。
 自然農法センターは長年に渡り有機稲作の研究を行っていてそのノウハウの蓄積はとても深いものがあり、短時間の勉強会でしたが多くの収穫がありました。以下、僕、ハマダが参考になった点をまとめてみました。


①浸種 催芽
 「水温10度以下の浸種は不可、発芽不揃いの一因に。浸種は12度だと6日でOK。短期間ですみやかに」。
 僕、ハマダはいろんな本を読み漁ったあげく「浸種は低温長期間」の方針でやっていたのでちょっと戸惑いました。種もみを生存ぎりぎりの低温にさらすと強い稲が育つ、といった意見も本では見られるのですが、この春実際に12度、6日でやってみると何の苦労もなく発芽が揃いました。


②コナギ対策
  「収穫後の耕運で稲藁を早く分解させるのが最大のコナギ対策」
 農法センターでは田んぼの雑草対策も研究していて稲の分解度合いとコナギの関係はかなり解明が進んでいるようです。特にコナギは本来は光りがないとほとんど発芽しないのに、未分解の稲藁が多いと光りがなくても(暗条件でも)発芽するという実験結果が出たそうです。なのでコナギを抑える最良の手段は秋起こしと春起こしをきちっとやる。さらには早期に水を入れて田植えまでに地温を上げて稲の分解を促すことだそうです。


③遅植え
 「あたたかい地温で稲をすみやかに成長させるためにも遅植えがおすすめ。田植え後の稲の成長が速ければ雑草との競争にも有利」
 今まで僕は寒冷地(標高千メートル)でもあり、4月の25日頃に植えていました。けれどもお話を聞くと寒冷地だからこそ田植え直前まで稲藁をできるだけ分解させたい、という側面もあるようで、今年は6月1日から3日に植えてみました。今のところ稲の生育は順調です。

 他にもたくさんのヒントがあったので今後に生かしていきたいと思います。





育苗用土として田んぼの土をトタンにのせて焼土を作りました。育苗のスタートはこの無肥料焼土のみ。1.5葉から自然農法センターのやり方で魚ソリュブル(濃縮液)を数回に分けて追肥しました。

焼土は毎年作っていますが、作り終えたあと全身燻されるのが欠点。ほとんど燻製状態です。


無肥料育苗土にくん炭を半分ほど混ぜるのが農法センター流。育苗箱が軽く扱いやすくなります。灰はくん炭をネットに入れて洗い流すかふるいにかけます。アルカリ分が強いため。今年知人が自作したくん炭をもらってふるうと、大量の灰が出てびっくりしました。くん炭にも善し悪しがあるので要注意。



今年の苗箱の伏せ込みは、苗代に氷が張っていました!
「厳しく苗を育てるという発想は捨てて、寒冷地なので過保護過ぎるかなという感じで育てましょう」、と講師の三木さん。長野県の育苗は、苗に優しく過保護に!です。

2016年7月28日木曜日

【報告】 南信地区、第三回学習会

南信の第三回学習会として7月23日(土)に開催した辰野の「有機農園カミーノ」見学会の報告です(浜田淳)



地元辰野のファミリーマートで
山口さんのエゴマうどんやドレッシングが並ぶ。
エゴマを使ってケチャップや味噌、多彩なドレッシングなどを商品化して、地元ファミリーマートの農作物直売コーナーなどで販売する山口さんを辰野に訪ねました。当日はお天気に恵まれ、諏訪や下條村から7名が参加。収穫して乾燥中の小麦、ユメカオリの様子や8アールほど作つけたエゴマの畑を見て回りました。
農園主、山口哲志さん

 エゴマの品種は中生の田村種で、すでに大きいので70センチほどに成長。雑草はズボラな僕から見ると限りなくゼロに近くびっくりしました。すでにロータリー幅55センチの管理機で3回除草(畝間90センチ)、株間も三角ホーで除草と鉄壁の守備力を誇る山口さん(見習わなくては)。もう少ししたら管理機で土寄せ。そして腰の高さくらいで刈り払いで摘芯することで倒伏に強くなり多収も見込めるそうです。

 小麦もびっくり。ユメカオリを春まきしたところ、初期成長がゆっくりでやきもきしていたのに立派に収穫。「見学会の後に脱穀しようかな」とのことでした。
秋まきの小麦を春にまいてみた

 カボチャはメキシコ産などの輸入品しか出回らない厳冬期の出荷を狙ってクリ将軍という品種を作付。もう一つの恋するマロンは見学会の後に行ったファミリーマートの直売コーナーに並んでいました。
諏訪、下條村から7名が参加

 畑の見学の後は村の集会所で山口さんのおいしいスイカをいただきながら、ドレッシングなどの加工品のお話を伺いました。加工はすべて小池農作物加工所。「世の中にゴマだれドレッシングがあるんだったら、エゴマだれドレッシングがあってもいいよね」という感じで小池さんと相談しながらオリジナル商品を作り上げていくそうです。年間の加工費は百万円くらいになるそうです!
 「辰野のパークホテルでジビエの焼肉を始めたのでエゴマを使った焼肉のタレも開発したい」と山口さん。ちなみに「農園名カミーノは上伊那から来ているんですか?」と聞いたところ、「よく言われるんだけどそうじゃなくて、一度歩いてみたい憧れの道、スペインの聖なる古道エルカミーノから付けたんです」とのことでした。スペインは大好きな国なのだそうです(僕もいつかバルセロナの応援に行きたい)。

 山口さんは月-金はお勤め。農作業は土日と平日のわずかな時間のみ。時間の使い方が抜群に上手だと感じました。エゴマを使った加工品の展開、ふるさと納税など地元密着型の販売など、限られた時間を使って楽しくてしかも効率よく事業を展開する山口さん…。とても参考になりました
昔は茅葺きの尼寺だった小さなかわいらしい建物を村の集会所として再利用。
スイカを食べながら加工品談義に花が咲いた。

太陽光パネル設置で地域で電力を自給。
パネルの下で玉ねぎを干したり、トラクターを置いたりと、スペースを有効活用
エゴマがすくすく成長。雑草がない!



2016年7月16日土曜日

【7/23開催】エゴマで商品開発!  南信辰野の「有機農園カミーノ」見学会

南信発

2016年7月23日(土)、畑の見学会のお誘いです。


会員の山口哲志さんが辰野で営む「有機農園カミーノ」は、エゴマ入りのドレッシング、ケチャップ、味噌、うどんなど、魅力的な商品を展開中。ファミリーマート内の生産者直売所で販売しているほか、ふるさと納税のセット商品にも採用されています。





エゴマ畑を中心に見学したあと、村の小さな集会所「大日堂」に移り、お茶を飲みながらエゴマの栽培技術や商品開発についてお話をうかがいます。会員以外の方もお誘いのうえ、ぜひ御参加ください。 

日時  09:40 畑で受け付け開始
    10:00 畑の見学会、大日でお茶とお話。
    12:00 解散


集合場所 上伊那郡辰野町伊那富7675
          塩尻、辰野方面から国道153号線を南下。
                伊北インターの手前、羽場の信号を右折、300メールほど行った右手に畑があります。

                花豆と雨よけトマトあり。貼付の地図参照。
             
             

事前連絡 おおよその人数を知りたいので、21日(木)までに浜田まで連絡お願いします。
               当日の飛び入り参加、ドタキャンもOK、お気軽に!
      
       umahama@hotmail.com
       0266-79-5361(電話、ファックス)


当日連絡 山口さん携帯 090-4940-5623

参加費  200円(こども無料、集会所費用ほか)

雨天   決行 

2016年5月10日火曜日

【5/14開催】 北信地区 地区会(お花見会)開催します

北信地区 地区会

 ~奥信濃、遅めの春にチェーンソー~

お花見会   山仕事おはなし会・実用チェーンソー・山仕事・まき割り体験会 も兼ねて


県内で春の訪れが一番のんびりな北信地区。
お仕事が忙しくなる前、北信地区で最後の宴会しませんか!?

山仕事 持って動ける道具も少ない中での実践的なチェーンソー目立ての仕方
「ゲージあてがってたら時間かかってしょうがない!!」そんなときの対処方法
「木を切ったら家がつぶれたよ」そんな現場も見られます
失敗談から学ぶ、木の「倒し方・ロープの掛け方」
伐採用の木も用意していただきました。実際に木を切ってみましょう。
薪も割ってみましょう 薪割り機の便利っぷりも実演で体感できます。

遊休農地解消のための雑木伐採に困っている方も、ここで知識と経験をつけて、自分で伐採してみよう!!


・日時  514() 13:00~ 山仕事おはなし会・木切り、薪割り体験会
               16:00~ お花見懇親会(バーベキュー予定)

・場所  389-2411 飯山市豊田220-2 旧小境スキー場レストハウス

(人が住んでいないためナビに出ないと思われます )
(飯山市豊田229のお宅を目指してきてください)
        会場から7分の所に天然温泉(500)もあります。
野沢温泉だって15分で行けちゃう!!こちらは無料で入れるよ

・参加費 500円 + 1品もしくはお酒・飲み物の持寄をお願いいたします

・持ち物 寝袋(寝るのに必要なもの) 、チェーンソー(持っている人はぜひ)

・お申込 用意の関係がありますので、北信地区長・勝山までお申込ください
 
メール   utatanenyanko@hotmail.com 
        (迷惑メール防止の為恐れ入りますが、@を小文字に置き換えてお送りください)
     

講師・会場提供 北信会員 山浦氏
共催        直接支払制度支援部会


追記 ゲルの企画も進行中。決まり次第MLにてお知らせいたします!!

2016年3月6日日曜日

長野県有機農業研究会の36回大会 ご参加ありがとうございました!

長野県有機農業研究会の36回大会、無事終わりました

終わってみれば、全県下から、また、群馬、埼玉、神奈川と、
県外からもご参加いただき、また人数も予定を上回る参加で、盛況の内に閉幕まで至ることができました。 実行委員会として、これほど嬉しいことはございません!!
個性的な会員の、その相互の面白みを引き出す、良い会になった と、感想をいただき、成功の実感をいたしました。
行政関係者様にもご尽力いただき、また副知事の中島さまには、飛び入りでのシンポジスト依頼にも快く応じていただきました。
環境保全や持続可能な社会・農業の推進力の一つとなったのではないかと思います。
本日まで支えてくださったみなさま、期待し、声をかけてくださったみなさま、
また、当日参加していただいた皆さま、
本当にありがとうございました!!!

長野県有機農業研究会
第36回大会実行委員会


・・・
追記 忘れ物がございました

・色鉛筆(マスキングテープで巻いてあるもの)
・黒(濃いグレー)のニット帽
・男性用靴下(黒)

しばらく大会実行委員で保存しておきますが、
一定期間の終了後、処分させていただきます。
よろしくお願いいたします

忘れ物連絡先
大会実行委員長 勝山卓栄
電話090の4464の6679
メール utatanenyankoあっとhotmail.com
・「あっと」を「@」に変換してください


追記2
ブログ内表記の共催団体に抜けがございました
お詫びして追加させていただきます

追加共催団体 
当会、 直接支払制度支援部会

2016年1月15日金曜日

第36回長野県有機農業研究会大会のお知らせ

大会概要・お申し込み案内
第36回長野県有機農業研究会大会
「語ろう私の農業!!」
~まだこの世にないものを探して 玉石混交 わ~っちゃわちゃの会~

農や暮らしの最先端は、畑や暮らしの実践者。
そんな実践者たちが車座を組み、深め合うさまを、
生で、間近で見ることのできる、またとない機会です!!
もしかしたらこのシンポジウムの議論はセカイの10年先を進んでいるかもしれません。
先端の先の最先端 ぜひ、見に来てみませんか?
日時   平成28(2016)年02月20日(土)13:00~ ・21日(日)~12:00
会場     須坂温泉 古城荘(長野県須坂市大字日滝(大谷町)5414)
シンポジウムのみ:1000円(小学生は無料)    
懇親会出席    :6000円(シンポジウム含)         
           (3歳以上  2000円)      
           (小学生まで3000円)     
宿泊全日程    :9000円               
           (3歳以上  3500円) 
           (小学生まで5000円)       
                       

申し込み: 懇親会と宿泊を希望される方は
下記申し込みフォーム・e-mail・FAXでお申込ください。
 (〆切:2月5日)
大会事務局 勝山卓栄
 382-0016 須坂市大字日滝 1121-10 
 FAX: 026(248)3925
 mail:utatanenyankoアットhotmail.com
「アット」を「@」に直して下さい。 
※タオル・バスタオル・歯ブラシ、浴衣等のアメニティはつきません。ご持参ください
※宿泊は、男女別の相部屋になります。

 会場アクセス須坂温泉 古城荘(須坂市大字日滝(大谷町)5414)

TEL 026-245-1460

お車 : 須坂長野東IC及び、小布施スマートICより、車で25分
駐車場 施設直下「サマーランド駐車場」をご利用ください(365台)

公共交通機関:JR長野駅・北長野駅から、長野電鉄線へ乗り換え。

長野電鉄須坂駅より車で10分(バス、タクシーをご利用ください)
長電バス 須坂駅乗車・山田温泉線 須坂温泉入り口停留所 にて下車
直行バス 当日須坂駅12:00発の直行バスを一便出します   

直行バスご利用の方は大会申し込み時に登録してください。
先着順となります。人数制限有

時間固定の乗切御免にて出発いたします。
乗り遅れの際は公共交通機関をご利用ください
共催須坂市新規就農者の会「きじまるクラブ」
須坂市環境保全型農業の会
信州中野有機の会
阿南活動組織
南信高森町
高森町環境保全型農業協議会


2015年3月22日日曜日

第35回大会 新しいトビラの映像

お待たせいたしました!
大会1日目のトークセッション(講演会)の映像を、
会員でプロの方にYouTubeにアップしてもらいました!

久松達央さん、萩原紀行さん、山崎勝久さん、柴海祐也さん、志野佑介さんが
対談されています。
第1部
https://www.youtube.com/watch?v=z0hS61nUrf4
第2部
https://www.youtube.com/watch?v=aBgdcf5SQqE
第3部
https://www.youtube.com/watch?v=csYS_gXq7_c

第1~3部連続再生
https://www.youtube.com/watch?v=z0hS61nUrf4&list=PL6PDHd_e3oceofTeYlE1VBG_gPz96Bnyz

とてもおもしろくて見応えがあって、3時間が全く苦になりません。
当日参加できなかったた方はもちろん、参加された方もぜひご覧になってください!